You are here

china

米国人が使う「now you’re talking(そうだね)」というあいづちの裏には、「ようやく本気を出したね」という意味が込められている。気候変動対策に本腰を入れるとは、言葉による約束を実行に移すということであり、それも思い切った策でなければならない。

11月12日、米国と中国は地球温暖化対策で重大発表を行い、両国の新たな目標を明らかにした。オバマ大統領は、米国の温室効果ガス(GHG)排出量を2025年までに2005年水準比26%~28%削減する方針を表明。一方、習近平国家主席は、中国のCO2排出量を2030年前後をピークとして削減し、2030年までに非化石燃料の比率を20%前後まで引き上げる目標を掲げた。気候変動に関する米中間の新たな連携は、歴史的な転換点となる可能性がある

バラク・オバマ大統領と習近平国家主席による気候問題に関する歴史的発表を受け、米中両国は欧州連合と歩調をそろえて温室効果ガス(GHG)の新排出制限にコミットすることとなった。世界の他の国々の合計とほぼ同量のGHGを毎年排出しているこの3つの経済大国によるコミットメントは、重要な意味を持つ。世界がその炭素収支の範囲内に踏みとどまる可能性の存在を示唆するからである。

Pages

Stay Connected