You are here

climate

オバマ大統領の2025年GHG削減目標—野心的しかし達成は可能

11月12日、米国と中国は地球温暖化対策で重大発表を行い、両国の新たな目標を明らかにした。オバマ大統領は、米国の温室効果ガス(GHG)排出量を2025年までに2005年水準比26%~28%削減する方針を表明。一方、習近平国家主席は、中国のCO2排出量を2030年前後をピークとして削減し、2030年までに非化石燃料の比率を20%前後まで引き上げる目標を掲げた。気候変動に関する米中間の新たな連携は、歴史的な転換点となる可能性がある

米国と中国、数値を盛り込んだ気候目標で合意

バラク・オバマ大統領と習近平国家主席による気候問題に関する歴史的発表を受け、米中両国は欧州連合と歩調をそろえて温室効果ガス(GHG)の新排出制限にコミットすることとなった。世界の他の国々の合計とほぼ同量のGHGを毎年排出しているこの3つの経済大国によるコミットメントは、重要な意味を持つ。世界がその炭素収支の範囲内に踏みとどまる可能性の存在を示唆するからである。

米国が気候問題で合意、他国の協調に期待

米国は、温室効果ガス排出結果全般についてコミットしたものの、その達成に向けた具体的道筋は約束しなかった。だが、この提案により、大気浄化法やエネルギー政策法の定める権限を活用するなど、政権が目標達成のために使用する法規制が明確になったことは間違いない。こうした情報を盛り込むことで、提案されたコミットメントの透明性が増し、米国の目標が達成可能で永続性があるという重要なシグナルを国際社会に発する効果が期待される。

Tracking 2020 Climate Action Pledges on the Road to Paris

In the lead-up to this year’s climate summit in Paris, countries are proposing climate actions that will take effect after 2020.

But what about the pre-2020 pledges? The new CAIT Pre-2020 Pledges Map showcases interactive data from 15 developed and 58 developing countries, providing an understanding of what countries have committed to in the short term, and what can be built upon in their post-2020 plans.

Opportunities to Reduce Water Use and Greenhouse Gas Emissions in the Chinese Power Sector

China’s power sector is its largest source of greenhouse gas emissions and also its biggest industrial water user.

This issue brief includes a Water–Climate Impacts Bubble Chart to help decision-makers better understand the trade-offs between water use, climate impacts, and capital...

Pages

Stay Connected