You are here

access to information

オバマ大統領の2025年GHG削減目標—野心的しかし達成は可能

11月12日、米国と中国は地球温暖化対策で重大発表を行い、両国の新たな目標を明らかにした。オバマ大統領は、米国の温室効果ガス(GHG)排出量を2025年までに2005年水準比26%~28%削減する方針を表明。一方、習近平国家主席は、中国のCO2排出量を2030年前後をピークとして削減し、2030年までに非化石燃料の比率を20%前後まで引き上げる目標を掲げた。気候変動に関する米中間の新たな連携は、歴史的な転換点となる可能性がある

Jamaicans will have greater access to information about infrastructure developments and their environmental impact in the form of Development Alert!, a new interactive website created by the Jamaica Environment Trust (JET), World Resources Institute (WRI), and The Access Initiative with support from software developers Blue R

Pages

Stay Connected